So-net無料ブログ作成
検索選択

これが実態なのです・・・CDA資格を取得してもその先に大きな壁が・・・

2016年04月以降、
国家資格キャリアコンサルタント試験の受験が必要となりました!
椰子の実では、国家資格キャリアコンサルタント試験の実技試験を支援します!!

前回、CDAの資格を取っても、なかなか次の進路開拓が難しいということを書かせていただきました。それを証明できることがありましたので、ご参考までにご紹介したいと思います。ただこれらかは個人の感想の域を出ませんのでご注意ください。


今日の朝、リクナビ派遣でこんな仕事を見つけました。

1月~【午後のみ短時間♪】大学内でのキャリアカウンセラー業務
経験必須
1月~【扶養枠/午後のみ短時間勤務♪】
大学内でのキャリアカウンセラー業務◇4名募集! 学園内での就職支援センターにてキャリアカウンセラー業務です。 キャリアカウンセラーの資格を取得されている方! 学生の就職相談:キャリアカウンセリングのお仕事が入りました。人気の大学で、資格を活かしながら短時間勤務でお仕事しませんか?【お仕事内容】◇キャリアカウンセラー業務です。◇学生の就職相談の対応、履歴書・エントリーシートの書き方指導など
勤務地 :千代田区/最寄り駅:飯田橋
総武線・有楽町・東西線 飯田橋 徒歩 10分
時給 1600円
対象となる方
◆キャリアカウンセラー業務経験(必須) ◆キャリアカウンセラー資格(CDA・GCDF等)必須です ◆期間中お休みなくご就業頂ける方 ◆雇用保険のみ加入対象です。
勤務時間 12:30~17:30 実働時間5:00 休憩時間0:00
休日休暇 土日祝
勤務時期 2013/01/15 ~ 2013/04/30 /3カ月以上(長期)
勤務先について 私立大学 ★食堂利用できます!

こういう記事を見ると必ず応募しています。嫌がらせのように(笑)。
今回はテンプスタッフでした。10時40分にエントリーをして、16時56分に以下のようなメールがありました。

「この度はテンプスタッフのお仕事情報へアクセスいただきましてありがとうございます。リクナビ派遣担当です。今回エントリーいただいたお仕事は、社内にて検討させていただいた結果、残念ながらご案内にいたりませんでした。せっかくエントリーいただきましたのに大変申し訳ございません。現在、市場の雇用状況悪化のため、1件のお仕事に対してエントリーが集中しております。ご応募いただいた全ての方にお仕事をご案内することが非常に難しい状況となっておりますことを何卒ご了承願います。今後もテンプスタッフをよろしくお願い申し上げます。」

大学のキャリアセンターでの勤務経験があっても、「男・49歳」はダメなのです。面接もしてくれません。
テンプスタッフだけではありません。今まで、日本マンパワー、パソナ、オムロンパーソネル、一番対応がひどかったのは、キャリアパワーでしょうか。30件以上にエントリーしていますが、面接に呼んでもらえたのは0件です。もちろん、派遣が女性優先であることはわかっていますが、面接ぐらいはしてくれても良いのに・・・と思います。パソナとオムロンには登録もしていますが、全く連絡もありません。

つまり、大学側は人材派遣会社に対してこのように要求しているのです。
「女性、女性でお願いします。しかも若くて柔軟性のある人で。男はダメよ。キャリアの支援方針について私(課長)に反抗したりするからね。ベテランの女性もできたら避けたい。いろいろ文句言ってくるから。使いやすい若い女性がいいな~」
でも、よく考えてみてください。採用を最後の最後に決めるのは、ほとんどの場合「おじさん」なのです。自分の立場のことではなく、もっと学生のことを考えれば、若い人材、中堅の人材、ベテランの人材をバランスよく配置しなければ効果的な支援はできないでしょう。これでは、最終面接を突破できないです。実際、とりあえず?日本一と呼ばれるキャリアセンターに勤務していたので、このことは自信を持って言えます。専任職員ですか?もちろん対応できないですよ。経営に関わったことがない人が最終面接の対策などできませんから。どこか、男の人の配置は、女子学生に手を出して事件に発展する可能性があると思われているのかもしれませんね。悲しいことです。

それでは、「若い女性」ならCDA資格があれば直ぐに転職できるのか?まずは面接は大丈夫でしょうね。コネとの闘いとなるかもしれませんが、選考を突破できるかもしれません。しかし、所詮、期限の定めのある契約社員であり、報酬も仕事の内容の対価を望めません。もちろん、「扱い易い」と考えている現場の上司や派遣のリーダーなどからの理不尽な要求が突きつけられます。カウンターでの相談が絶え間なく忙しいのに、相談内容の記録を時間内にするように指導されます。相談件数が少なくなると、企業訪問にも借り出されたり、学生の進路状況把握のための電話対応にも回されます。学生に電話をして学生から「あなた誰ですか!鬱陶しいから電話とかやめてください!」と言われる日には、ガックリ来ること間違いないです。

なので・・・資格の取得を焦る必要などありません。もちろん、新卒以外のキャリア支援の仕事や活動を志望されている方もおられると思いますが、さらに報酬に問題があったり、機会が少なかったり、つまりコネの世界が展開されています。前途多難・・・そうですね。でも、前途多難だから、チャンレンジするのは面白いものです。その前に、しっかりとしたカウンセリングが出来るように、人間的な成長の促進を共に考えることができれば幸いです。共に頑張りましょう。いつでも相談乗りますし、いつでもロープレトライアルも可能です。今の時期なら、カフェで試験の振り返りを一緒にやりながら共に悩む時間を共有できればと考えています。keigs@tb3.so-net.ne.jp 通称ネッピーまでご連絡ください。

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 4

えもん君

すみません。 たんなる、無責任な感想です。
経歴が素晴らしすぎて、重すぎて、たしかに
力、能力のない上司からは、敬遠されそうです。
同僚としては、いてほしい。
是非、キャリアコンサルタント、キャリアカウンセラー派遣?
請負?に特化した会社を立ち上げてください。
応募しますので~。
by えもん君 (2013-09-22 02:17) 

大学職員

>面接ぐらいはしてくれても良いのに・・・

採用する気がないのに面接って、随分暇なんだなーって思いません?暇じゃないことを十分すぎるくらいわかってるはずなのに。
by 大学職員 (2014-04-11 23:58) 

雲の中

皆さんに一言だけ。私なりの考えですので、考えは人それぞれで宜しいと考えます。CDAとくに最近目に入ります。又4月〜国家資格取得と見なすとの事。先ず私が述べたい事は国家資格を簡単に認定されては困ると言う事。30万位で取得出来ると思い安易な気持ちでいると大変。最低でも二時試験二年猶予あっても、50万以上かかります。ロープレの講座に通う為の交通費馬鹿になりません。合格基準が全く合いまいな事。相談者に対し質問せず、寄り添う。まあお金がある方や、ボランティアをしたい方は良いですが、転職で資格をいかすとか、それを本業にしようとかお考えでしたら無理です。自分のプライドの為に資格持とうと安易な考えで飛びついたり、子育て中の休暇中にとってしまおうと考えたりする方は、もう一度考えてみては!。各会場で二時試験で何十人も毎回合格した方が出て、資格を利用して人の話にはたして寄り添えるでしょうか?。そんなに国家資格は簡単に取れません。彼方此方飛び回り実費、入るお金より、出るお金が嵩む。ネットでは良い事ばかり載せていますが、立ち上げ法人からの資格は、大学や、大検、大学院でその道を勉強した事のない方には不適切な資格とも考えざるを得ないと思います。国家資格を簡単に考え、CDA資格者を増大する事ばかりお考えのNPOの集団を皆様はどの様に受け止めるのでしょうか。
by 雲の中 (2016-01-31 22:53) 

勝見裕

たしかに…
by 勝見裕 (2016-03-04 10:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: